小説一覧
[TOP]

[ 全小説一覧 | 人気小説 ] [ 全作者一覧 | 人気作者 ] [ 検索 ]


≫ 小説一覧
a lily bell (ミケ)
新しいこの香水の名前、

よし、あの子みたいな花の名前にしよう!
[Lucifer's Garden/ほのぼの/ヴァラク]
466view 読切 [11/07/27 19:12]
まどろみのなか (ろぃ)

眠りに落ちる、その刹那まで

意識が途切れる、その間際まで


ぬくもりを感じていたいんだよ――・・・・

ーーーーー

マルコキアスと、主人公の視点で描きます

[Lucifer's Garden/ほのぼの/恋愛/自室/室内/家/マルコキアス]
474view 読切 [11/06/20 22:08]
ベッドの上の「私」 【完結】 (梨緒)
バールで何してるかって?ミルズさんもセルトも知らない私がそこには居るんです。イナちゃんにもナイショのお話。
(2011/6/18 作成)
[留学編/ほのぼの/バール/セルト/ミルズ/イナ/サラッオ/私(主人公)]
1253view 読切 [11/07/17 02:06]
Lucifer's Crest 〜ミルズ・クロニクル〜 (梨緒)
Lucifer's Crest(ルシファーズ・クレスト)「悪魔の紋章」。この紋章が僕の胸に刻まれていることは誰も知らない。たまに、夜、一人、バールでグラスを傾けて思い出すのは、調香師になると言って、ガーデンへ旅立った、彼女との出会い、そして、共に過ごした夜のことだった。再会・・・それは願っても叶わないことなのだろうか。悪魔達との対話、或いは彼等との関わりを通じて己の道を切り開くこと。それが、僕に与えられた宿命(さだめ)であり、調香師となった彼女に出会うまでの、彷徨いなのかもしれない。 (10/10/15 作成)  (11/06/11 更新)
[Lucifer's Garden/恋愛/クロスオーバー/バール/街/魔界/少女/彼女(調香師)/Lucifer's Gardenキャラクター/留学編キャラクター]
9058view 連載 [13/09/05 11:43]
、ごめんね・・・でも (ろぃ)

初めは、ただ「知りたい」と思っただけ

今は、もっと「傍にいたい」よ

お願い、 決して  離さないで ―――・・・・


ーーーー
主人公は、教授そのままです!
名前は、「ミーシャ」とします。

どっちつかずの視点変化なので、
読みづらいかもしれませんが、すいません・・・・


最後は、ほわほわと 温かい気持ちになっていただければ、幸いです
[宮廷編/シリアス/ほのぼの/悲恋/恋愛/思い出/切ない/森の中/自室/宮廷/街/思想/ヴォルク/主人公(教授)/宮廷キャラ]
473view 読切 [11/05/05 19:17]
オレの証を刻む (ろぃ)
噛み付かないで

      優しくして

  
   ・・・やっと手に入れた ずっと欲しかったもの


離してなんかやらねーよ

                 オレしか見えなくなるまでな。

※ 生理的・暴力的な表現を含みます。
  苦手な方は、見ないで下さい。
[留学編/シリアス/悲恋/恋愛/狂愛/15禁/自室/バール/室内/家/セルト/私(主人公)]
1015view 読切 [11/04/23 20:47]
共に歩む未来 (ろぃ)
※主人公は、全く別の「久那 美羽」という少女です。

調香師を目指す、本元の主人公とは、
別の人になります。
(本元主人公の名は、流香とします)


主人公たちは、誰と恋をするのか・・・?


そして、誰と共に、その未来を歩むのか・・・!?
[Lucifer's Garden/ほのぼの/コメディ/恋愛/マルコキアス/ベリアル/クロセル/藺慶嘩/アスタロト/アスタロテ/オリアス/ヴァラク/ベルフェゴール/ベルゼビュート/ハーベンティ/サレオス]
877view 連載 [11/04/19 21:08]
ラストクリスマス 【完結】 (ありす)
国で過ごす、最後のクリスマス。
主人公の身に、魔法がかかる・・・

主人公の名前はあやで書いています。
旧SS集から移してきました。
[宮廷編/恋愛/宮廷/庭園/シュイエ]
483view 読切 [11/03/26 20:32]
言えるかよ、バカが・・・ (ろぃ)

今日は卒業式――・・・

千葉くんは、入学当初からずっと
主人公のことが好きでした。

想いを伝えることは、出来たのでしょうか――・・・?
[学園編/悲恋/恋愛/思い出/切ない/ツンデレ/無愛想/公園/厩舎/学園/運動場/千葉/私(主人公)]
574view 読切 [11/03/09 22:29]
紙ヒコーキと夏 (あかり)
あの喫茶店で彼女と過ごす時間が、
亮にとって唯一幸せを感じられる時間だった。
でも、彼女が正樹と付き合いはじめてからは全く行かなくなってしまった。
いや、正しくは行けなくなってしまった。
唯一の楽しみを失った亮は、放課後はいつも屋上で本を読み過ごしていた。
[カフェ編/恋愛/無愛想/学園/亮/少女]
558view 連載 [11/03/20 19:01]

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10] 前へ 次へ

TOP

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.30c