ベッドの上の「私」

私は、カウチ・ポテトが好き。

セルトの作ってくれる目にもご馳走というスイーツもとろけるように美味しいけれど、ポテトチップスは別腹だ。

こんな言葉、もう、随分古い言葉で、ナウい位、遣うとみんながどん退きする言葉(か、死語だ)。たしか、バブル世代が遣っていたのじゃないかなぁ、などと考えながら、バブル世代ってどんな時代だったのだろうか、と、思いを馳せていた。

カウチ・ポテト。

それこそ、ソファに寝っ転がってTVを視ながら、ポテトチップスを、ばりばり、ざくざく食べる事だ、位にしか思っていないのだけれども、どうも私はそれが好きでならない。敷きっぱなしのベッドの上で、PC画面の静止画から流れて来る音楽を聴きながら、ポテチを齧る事もある。

けれども、ダイエットは考えた事が無かった。

いや、痩せれば綺麗になるんだろうなぁ〜と、深夜番組でヘヴィー・リピートされるダイエット・コマーシャルを視るけれども、そもそも、痩せる前が尋常じゃぁない太り方じゃないか?と、思ったり、この人達は、1食置き換えダイエットもしてるけれども、ウォーキングとか、腹筋とか、カルニチンが体の脂肪を燃焼させてくれますっ!の謳い文句を信じて、日夜、動き続けている人達に違いない、とも、思った。

人は、そう簡単に、痩せるものでもない。けれども、太るのは、早い。ニセの食欲が私をそそる。そうして、だんだん、太ってゆく。早い、早い。


早い、早い。


私のお腹回りにも、ぷより感があって、ぷよぷよ、ぷにぷにっとお肉がつかめたりする。かも?


ヤ・ヤバイ。


でも、痩せる10の方法なんて知らないしなぁ。おやつの適量なら考え得る。うむ。別腹はポテチ。


ずばり、ダイエットに適量なおやつなんて、食べない事に越したことない。と、わかっちゃぁいるけど辞められない、あー、スイスイスーダラダッタ、という感じだ。


試してガッテンだったかな、何かの番組で、おやつを3時に食べる、同じ部活の女の子グループと、食後にドルチェとして食べる同じ部活の女の子グループの比較検証があった。結果は、ごはんの時間におやつを食べると、痩せる、だった。

つまりだ。

おやつの適量は、ショートケーキ1ピースでも、3時のおやつの時間ではなくて、食後のドルチェにした方が良いらしい。

その一方で、一日2食が一番太るとか、一日3食でも、決まった時間に食べると太るとか、様々な説がある。

裏付けは、報道で知っているのだけれど、考えるのも面倒になったので、頭の中で、割愛した。とかいいながら、考えている。2食だと、体が欲している時に食べてしまうので、カロリーを全部、あますところなく、吸収してしまうそうだ。

3食決まった時間だと、決まった時間にお腹がすいて、空腹中枢が、赤信号を点すので、せっせとカロリーを体に吸収してしまうらしい。なので、少しずつ、時間をずらせばいいらしい。むずいかしいな。

ところで、これらの説は、皆、「らしい」だ。実証されてるのかなぁ?なぞともぐもぐしながら考えた。

考えたところで、調べもしないで、カウチ・ポテトをしながら、雑誌をパラパラめくっていると、様々なダイエット法があって、もう、目から鱗という事もあれば、それは失敗するでしょう、と、ツッコミたくなる記事も、わんさとあった。


そういえば、セルトは、チョコ好きで、いつも、バリスタの格好をしている時には、私はミルクティ、でも、セルトはキャラメルマキアートのトール。それなのに、ちぃっとも太らないなぁと、ふと、思った。

体質なのだろう。

大食い選手権や早食い選手権に出る人達も、細身だったりするし。何でもそういう人達は、背中に分布している褐色細胞が、一般の人よりも多い上、胃袋が巨大なのだそうだ。

てことは、豆知識なのか、いい加減に覚えている事なのか、もう、わからないけれど、とにかく、私は、カウチ・ポテト・・・が尽きた。


ヤ・ヤバイ。


おやつの適量は人それぞれ。体質それぞれ。好みそれぞれ。1〜10まで、適当に紙に書いて、実践してみる。とか、雑誌に書いてある。目標かぁ・・・。私の一番、破れ(り、かも)やすい約束だ。


だって、ミルズさんが言うんだもん。


「僕は、少しふっくらした、抱きしめるとやらかい女性が好きなんだな。胸の大きな子が好みって訳じゃぁないよ。

(って、ミルズさん、そんな事、訊いてないってば、と、焦ったなぁ)

たださ、ほら、なんか、あったかい感じと、ほのぼのした感じがするんだよね」


うふふ。それって少し私が入ってる。

セルトはどう思ってるのかなぁ。

この話をミルズさんとした時は、まだ、少し夕食には早い時間だったのと、セルトはその日、遅くに帰宅したようだった。

と、私は、袋を上にすると、残りのかすかすを、ざらざらと口に入れて、しゃりしゃり、ポテトチップスをたいらげた。女の子らしくね〜。という言葉づかいはしちゃいけないか。サラッオ先生に注意されちゃうだろうね。


でもね。


やっぱ、ポテチ一袋をいっぺんに食べるのはヤバイよね(この言葉づかいも、サラッオ先生に注意されそうだ)。せめて、1/3位ずつかな。そう、1袋を3日で食べきる位が丁度いいんだろうな、と、思う。適量ってその位かもしれない。

私の好きな人の為に、ダイエットをしない、なんて、言い訳のようだけれども、せめて、腹筋と、腕立てくらいはして、ぷるぷる二の腕と、どよんとしたお腹とは、仲良くしてはならない、むしろ、さよならしなくてはならないものだものね。もちろん、ダイエット・モニターの人達のように、ひどくぶるぶる、どよんとしている訳ではないけれど。


頑張れ私。


恋する女は綺麗だよ〜って、ひろみGOも、唄っていたように思うんだけど、誰だったっけな、あれ。

とにかく今、私は青春を謳歌し、素敵男子に見初められている(んじゃないかなと思い込んでいる)。

カウチ・ポテトなんて、結婚して新婚当初を忘れたおばちゃんくさい恰好をやめて、もちょっと、上品になろうかな。

そう思いながら、油まみれになった塩味の指をちろっと舐めて、ぱんぱん両手をはたき、私は、熱い珈琲を淹れて、唇をつけた。

これがまた、美味しい。

だから、カウチ・ポテト一袋ってやめられないんだけど、明日は、チロル・チョコ位で我慢しようっと。って、異国にあるのかな、チロル。友達が、餞別に贈ってくれた日本のお菓子の箱詰めに、まだ、何かあったような。


頑張れ私。


ビリーズ・ブート・キャンプかぁ・・・私には、ハードすぎるな。コア・リズムも、あんなに腰が動かないよ。KARAじゃないんだから、ねぇ。留学先でも、KARAを視られるとわかって、驚いた。日本の友人から送られて来るメールで、「今は、K−POPが流行だよ!」というのは知っていたけれど。へぇ、今は、リズム・ロッカーなんてあるんだ。

余分三兄弟。

脂肪・糖分・塩分。ポテチには全部ある(糖分は炭水化物って事だろうな)!!おい、余分三兄弟!私は、ポテチの中に居る、お前タチが好きだ!肩組んで行こうぜ、めざせ、ダイエット美人!!

まぁ・・・もとのパーツが悪かったら、諦めるしかナイのかもだけれど、その件は置いておこう。だって、あの人はきっと、私の事、好きで、いてくれるんだもん(たぶん、ね)。


私は私でいいんだよね。まぁ・・・痩せる為の10の方法を知っているのはいい事なのかも、だけれど。


私の好きな人?


それは・・・。



ひ・み・つ。

イナちゃん、こんな私の親友になってくれて、ありがとう。


画像著作:Area2

【注】その後、主人公は街あげてのミス・コンテストで見事優勝し、ティアラを手にします。なので、本気で少したるんだところに、鞭を入れたのだと思います。それも、ミルズさんやセルトに、喜んでもらう為、イナちゃんと一緒に喜び合う為、だったのでしょうね。。。

11/07/17 02:06 梨緒

/ RSS

top

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.30c